ページトップへ

アスパラガスと子育てとわたし

asparagus-01
今月のお題。
アスパラガス。

アスパラガスの根元,固い部分。
自分の中で「このくらい」と漠然とした基準(だいたい3cmくらい)があって,ひとまずそこで切ってみる。
切った包丁の感じで,まだ固そうだったらも少し切ってみる。

でも、ある日。
どこかのテレビか雑誌かで
「アスパラガスのどこからが固い部分か見分ける方法」を見つけた。

それは実にシンプル!
根元部分をしならせて,アスパラガスをポキと折る!
ただそれだけ。

なるほど!
アスパラガスが自分で固い部分を教えてくれるということか。
よくよく考えてみると,いたって当たり前というか,そうだよね!と思ってしまうこの方法。

よくよく考えてみると,これっていろんなことに当てはまるなと。
例えば子育てに。

子供の限界(アスパラの固い部分と柔らかい部分の境目)を大人が勝手に作ってしまっている(包丁で切る!)こと,多いかもしれないって。

危ないから。
汚れるから。
時間がないから。
迷惑かけるから。
無理に決まってるから。
。。。。。

そりゃ,時と場合によっては無理なこともあるけれど
なるだけ子供が興味持ったことや,したい!と言うことはさせてあげたいな。
やってはじめてわかること。

ここまでできた!
今はここまでしかできない。
そうやって,子供自身が経験を通して,自分自身の今の限界を知ること。
それも生きていく上で、とても大事なお勉強だと思う。

大人になると,
もう少し頑張れそうだけれど,頑張っちゃうと,無理して後に響くからこれくらいにしとこうかな。
と加減ができるようになる。

でも,たまには加減せず、全力で自分が思う限界を超えてみたい!
そしてその先のまだ見ぬ自分と出会いたいな。

先日,日置町の千畳敷に家族で遊びに行ったんだけれど,
そこにあった,ロープでできたピラミッド型の遊具。
結構な高さ。

登りたい!

子供たち置き去りで,無心によじのぼる私。
やっほーと頂上から眼下の子供たちに笑顔を振りまく私だったけれど
子供たちの顔には笑顔なし!
あるのは,ただただ心配そうに母を見上げる2人の姿。。。
IMGP7175
子供たちに心配かけた。
でもママはこの日,限界に挑戦した。
眺め最高だった!
これでいいのだ!

土着文化  連綿と

夏ももう終わりに近づき,空

初乗車! SLやまぐち号

先日、家族でSLやまぐち号

イトウさんからのお餅

皆様あけましておめでとうご

消化力

はじめまして。 このたび,

河東 桂子

検索関連投稿

藤井圭一郎

お食い初め

藤井圭一郎

お宮参りは西の...