ページトップへ

fun to drive in yamaguchi.

山口県と東京、なにが一番違います?ってよく聞かれます。
(多分に社交辞令だと思いますが)
当たり前のようですが、人の数が違うと答えます。
そして人の数が違う事で、住む人の行動も大きく違ってくるんです。

たとえば、ドライビング事情。
kosoku01
山口県は最も多くの総理大臣を輩出した県という事もあって
美しく整備された快適な自動車道には自信ありです。
おのずと車間距離は長くなります。
そうすると、前を走る車がいない遥か向こうの交差点の対向車線で、右折車がウィンカーを出して待っています。
その車は待って、待って、待って、そしてしびれを切らせて飛び出してくる事があります。
準備していたブレーキをゆっくり踏みながら、「直進車にブレーキ踏ませちゃダメよ。」と
ドライバーのオバチャンに軽く独り言。よくある田舎の風景です。

(そんな道路事情の中で運転を始めたせいか)
そう言えば東京で車を運転し始めた頃、「お前は車間距離を空けすぎる」とたびたび言われました。
どのくらい空けすぎるかと言うと、隣の車線の車に割り込めるんじゃないかと思わせるほど空けすぎる、と。
要は隣の車に割り込めませんよとサインを出しながら走りなさい、
そうすれば事故に巻き込まれる事が少ないですよという事です。

人が多い場所には、
一度身に付けてしまえば、人の流れにスムーズに乗れる暗黙のルールがたくさんあります。
もし遠くからこの山口に来て、この街で運転する人たちがちょっと乱暴に感じたなら、
それは心根の問題ではなく、少しだけルールの存在そのものが希薄なせいだと思っていただければ、幸いです。

なにしろ山口県の道路事情は本当に素晴らしく、
そして山口市に限って言えば、ヤンちゃなドライバーをまず見る事はありません。
ドライバーも 車も 心の底から歓喜するツーリングがここにはあります。

と、ここまで書き進めたところで、
タレント「桜塚やっくん」の中国高速道 美祢−東美祢間での事故による訃報が入りました。
地元でも有名な危険なカーブらしく、とても残念です。
高速の制動距離と制限速度を考えると、カーブの向こう側の死角には、
事故が起こることが想定できていない、かなり危険を孕んだ設計になっている場所がたくさんあります。
取りあえず死角になる場所では、個々のドライバーが注意力を上げることしかなさそうです。
kosoku02
一昨年有料道路から無料化になった山口宇部道路。宇部空港から30分で山口市街地へ移動できます。
そして山口市街地から1時間程度で県内各地どこへでも。
kosoku03
片側1車線の自動車専有道路に突如現れる「ゆずり車線」と呼ばれる500m程度の追い越し区間。
慣れないとちょっと危険な「ゆずりあい」です。山口県の風変わりな風景。




05ロゴ

Youがやって来た。

Youがとなりにやって来た

ichipan2eye

ICHI PAN 2

昨年の12月からこの2月ま

アイキャッチ

焼肉レストラン 鞍山(あ...

山口市商店街のはずれにある

00

山口八景、通(かよい)漁港

横浜の金沢八景など、まるま

eyeZABUTON

楊貴館 。一窓の安息。

山口県の北西部、油谷湾とい

eye

無角和牛を食べました。

先月(半)無角和牛を自宅で

バナー

内藤加奈さんと パンヲ楽...

出張ブーランジェやパン教室

一輪

蕎麦 YAOKI

はじめてのそば打ち体験をし

thum

常盤湖をヘラブナの管理...

おとこはオモリにこころを置

吉野 二三泰

検索関連投稿