ページトップへ

蕎麦 YAOKI

はじめてのそば打ち体験をしました。

うどんの文化圏であるここ山口県、
手打ちうどんのお店では、素晴らしく美味しい麺に出会うことができます。
それでもたまに食べたくなるのが美味しい蕎麦。
江戸前のちょっと本格派になると、
遠くまで出かけることになったり、
またはかなり値が張ることになります。

そんな事で、自分でも気軽に蕎麦を打てたなら。
自分好みのかえし(そばつゆの元)を作れたら。と、
今年のはじめに出店されたお蕎麦やさんYAOKIさん(家から10分)が催される
蕎麦打ち教室に行きました。

そば打ちから茹でて食べるまでおよそ1時間。
道具もネット通販で10000円くらいで揃う様ですよ。

教室は以下の「そば打ちメニュー」にそって進んでいきます。
メニュー
これから十割そば(約10人前)を打ちます。
水
水まわし。そば粉900gに水500ccを3回〜5回に分けて入れ、粉に水を含ませます。
まとめ丸
水がそば粉に行き渡ったらひとつにまとめます。柔らかさは耳たぶくらい。
菊練り
練り 空気を入れながら、空気を出してゆく。いわゆる菊練りです。
へそだし
へそだし。固まりを円錐形にします。菊練りの中心がへそになります。
のばし
打ち粉をまぶしながら打ち棒で伸ばしていきます。手は猫の形に。打ち粉は同じそば粉の別の部分です。
角だし
四つ出し 打ち棒に蕎麦を丸めて、ぱたぱたと四つの角を出していきます。
折
希望の厚さになったら折り畳みます。打ち粉をしっかりまぶして蕎麦がひっつかないように。
そば切り1
蕎麦切り 包丁を寝かせて板を送りながら切ります。そば打ちを実感できる瞬間。はまる人はここに嵌ります。
そば
美しい十割(とわり)蕎麦のできあがり。
そばちょこ
蕎麦ちょこは蕎麦を食べるたのしみのひとつ。
わさび
薬味はわさびと白ねぎ。わさびは安曇野のもの。山口でも手に入ります。
十割そば
十割でもこの艶。しっかりと練られた証拠。
店かまえ


蕎麦 YAOKIさんへぜひどうぞ。
5月は休まず営業のようです。


そばつゆ
「かえし」と言われるつゆの元を仕込んでおきます。
(家庭できる「かえし」は味醂を煮きって醤油と砂糖を合わせて沸騰させずに煮て、最低2週間は寝かす。)
食べる時に好みの出汁とかえしを合わせれば、家でも充分に美味しいそばつゆのできあがりです。


05ロゴ

Youがやって来た。

Youがとなりにやって来た

ichipan2eye

ICHI PAN 2

昨年の12月からこの2月ま

アイキャッチ

焼肉レストラン 鞍山(あ...

山口市商店街のはずれにある

00

山口八景、通(かよい)漁港

横浜の金沢八景など、まるま

eyeZABUTON

楊貴館 。一窓の安息。

山口県の北西部、油谷湾とい

eye

無角和牛を食べました。

先月(半)無角和牛を自宅で

バナー

内藤加奈さんと パンヲ楽...

出張ブーランジェやパン教室

thum

常盤湖をヘラブナの管理...

おとこはオモリにこころを置

thum

「はじめてのマリアージ...

3月21日春分の夜に行われ

吉野 二三泰

検索関連投稿

eye

輪田千晶

ゆずきちちゃん!

IMG_5194

広瀬佐知子

素麺の底力

足立さん

内藤加奈

基本のプチパン...

thum

濱中孝子

美味しかった ...

thum

内藤加奈

パン+α