ページトップへ

光浦醸造のフロートレモンティーがカワイイらしい。

01ミツケンさんと東京 三軒茶屋で飲みました。
ミツケンさんとは防府市 光浦醸造の若きあるじ光浦健太郎さんのことです。
全国のフードショーの類にちょくちょく招待されたり参加したりするミツケンさんの
東京での定宿は汐留のホテル、僕は港区界隈。
そんな2人が受験シーズンで満室の都心のホテルから弾かれて、
一緒になった三軒茶屋のホテル、こんな偶然はないと三茶の夜にくり出しました。

その時にいろいろ楽しい話をした中で、興味深いものをひとつ。

光浦醸造の商品の中に「フロートレモンティー」という商品があります。
中川政七商店で食品部門ナンバー1を売り上げるヒット商品です。
防府のとなり山口市にある木原製作所の食品乾燥機を使って
「輪切りのレモンを乾燥させて真空包装し、紅茶のティーバッグとセットで販売をする」
なかなかのアイデア商品。

その日の展示会でもいつものように「フロートレモンティー」を陳列したところ、
来場していた若い女子がその乾燥レモンを見て「カワイイ!」「カワイイ!」とキャーキャー騒ぐのだそうです。
今回は今までと違って光浦醸造始めてのアパレルメーカーに混じっての展示会で、
来場する女子たちも「カワイイ!」を連発する準備をしていたに違いありません。
それにしても周囲のアパレルブースが羨むくらいにキャーキャーと騒ぐので、
隣の人がそのしなびた輪切りのレモンについて分析を施しました。

・・・女性は良質の種を残すために「老い」や「経年変化」に対して寛容で、
むしろ質の高い老い方をしている人=良い種と評価する向きがある。
だから「老いたレモン」にも同様の愛情を注げるのだという考察です。

ハテナ?付きですが、なるほどと思いながらその話を山口へ持ち帰ったら、
それは半分しか当たっていないと主張する妻が言いました。

・・・女性が持つ「育てたい」または「育てたものを鑑賞したい」という母性本能は
人間以外の動物や植物にも向かっている。
生の輪切りのレモンに対しては、女性も食材のひとつとしての認識しかしないが、
乾燥してしなびた状態になった時に
それはもう一度「育てたい」または「育てたものを鑑賞したい」という母性本能をくすぐる対象になるのだ、
ということのようです。

真偽は分かりませんが、
食材にしか見えなかった花や果実が乾燥させることによって、またはその時のカットの形状によって
もう一度観賞用になったりカワイイ!対象になるということなら、
山口市が推進するかんぶつ部、もう一つの楽しい切り口を発見できるのではないでしょうか?


02


という訳でgogoのcafe handLeでも来月より「フロートレモンティー」をお出しすることになりました。
本当にキャーキャーと騒がれるのでしょうか。











05ロゴ

Youがやって来た。

Youがとなりにやって来た

ichipan2eye

ICHI PAN 2

昨年の12月からこの2月ま

アイキャッチ

焼肉レストラン 鞍山(あ...

山口市商店街のはずれにある

00

山口八景、通(かよい)漁港

横浜の金沢八景など、まるま

eyeZABUTON

楊貴館 。一窓の安息。

山口県の北西部、油谷湾とい

eye

無角和牛を食べました。

先月(半)無角和牛を自宅で

バナー

内藤加奈さんと パンヲ楽...

出張ブーランジェやパン教室

一輪

蕎麦 YAOKI

はじめてのそば打ち体験をし

thum

常盤湖をヘラブナの管理...

おとこはオモリにこころを置

吉野 二三泰

検索関連投稿

NCM_0203

正司真太

宇部市の銘水です。

kadomatu2

亀谷靖之

謹賀新年