ページトップへ

ツル。

キビレ(スズキ目 タイ科 クロダイ属)を釣る。

 

1月初旬。

 

厳しい寒さの中ではあるけれど、“釣り”ということになれば話しは別。

かじかんだ手を擦りあたためながら、竿先に取り付けた青白い発光物を見つめ

ひたすらアタリを待つのだ。

 

竿先のソレと、冬の夜空に浮かぶ星。

ヘッドライトに照らされた白い息が、オーロラのように揺らめき消えていく。。

何とも言えぬ風景を感じながら待つ時間。

自分流の釣りの楽しみ方のひとつなのだが、やはり釣り上げるのが目的。

 

何年の出会わなかった初恋の女性に、突然出くわしたような

静かな時間から一変する突然の出来事に気分が高揚する。

 

竿先の発光物が流れ星のように何度も落ちる。息を呑みこみ、冷静さ引き戻す。

竿から伝わる鼓動を感じながら、慎重に海面へ引きずりあげる。

 

43cm・キビレ(スズキ目 タイ科 クロダイ属)

 

きびれ

 

臭みのある魚と言われているが、釣り上げた時の処理によってソレは気にならなくなり

格別な旨味で楽しませてくれるのだ。

※いつもの相棒は、26cmのボテコ(カサゴ・ガシラともいう)を釣り上げる。

 

萩の楽しさのひとつです。

 

 

 

□1月5日20時30分、萩市内河口付近にて。

 

rt1

魚と戯れる一日。

  :早朝4時。

A

萩を釣る。

5:00 青白い夜明けを背

萩城あと

冒険の始まり。

  25年以上前

sannta

Santa Claus 

  『今年もサン

daimyou2

時代の旅へ

  年に1度、1

IMG_20131009_151839865

夢ツナギ。

  山口県萩市に

shidukiyama

夏と秋の交差点。

太陽の光が肌をなではじめま

つき

はじめましての夏のよる。

夏の夜にでかける。 『盆踊

田村 覚志

検索関連投稿

flower0727b

亀谷靖之

花と植物、食物...

yanagi11

亀谷靖之

自然の恵み/亀...

L1002661

木原康博

thum

濱中孝子

ゾウの滑り台

thum

濱中孝子

お隣さんの青のり